デザインとは。。。

デザインというフレーズを聞耳にした時、人によって様々なイメージを持つかと思います。

例えば、『お洒落』や『かっこいい』などの好印象な感覚を持つ人、一方で疎遠感をいだき『今時の人が好きそう』『よくわからない世界』などと。...しかし、人は誰もが毎日デザインに囲まれて生きています。そう。あなたが住んでいる家、着ている服、食物、携帯、ボールペン。その全ては、誰かがデザインをして世の中に普及したものなのです。

そしてもう一つ。...  実は、私達一人一人がデザイナーであるということ。あなたは自分の意志で、毎日何時に起きて、何を食べて、何をするか、決めていますよね?今この文章を読むことも、明日何をして過ごすかも、あなたが自分自身の意志で決め、デザインした人生デザインの一コマであり ''ライフスタイル'' なのです。私達は、こうして知らずとして誰もが一日一日をデザインしているデザイナーであり、自分の価値観の中にある幸せを追い求めた毎日を創り、生活を豊かに、心を豊かにしながら、生きているのです。

 

デザインとは、人の生活を豊かにするため人々の思想の中で創られてきたカタチであり、全ての人に必要とされ、愛されているモノだと私達は考えます。

 

デザインの在り方。。。

上記内容でお話しした通り、デザインとは誰もが生きる中で密接に関わっているものであり、生活を豊かにする為に必要とされてきました。では、デザインというモノをより普及させ、人々の生活を豊かにする為には、どうしたら良いのでしょうか?その定義は極めて単純で、シンプルです。いわゆる皆が好む『オシャレ』であり『機能性』があるモノを創れば良いのです。視覚でも楽しめ、実用性もあるデザインは、人々の生活になくてはならない ''必需品'' として世の中に普及していきます。

 

そこで弊社は、『 LIFE STYLE DESIGN = 生活を豊かにする為のデザイン 』を思考の起点にし、''人々が生きる中で必需品とされる = なくてはならないデザイン'' をアイディアとクリエイティブな技術で創造するデザイン製作を行っております。

  

 

マーケティングとデザインの関係性。。。

皆さんはご存知でしたか?

今年トレンドのカラー =『 今もっとも大勢の人が使用していて凄く流行っている色』

ではないことを。

 

実は、今季トレンドカラーは1年前には決まっております(詳細は、一般社団法人日本流行色協会JAFCAをご参照下さい。)そうでないとトレンドがわかり始めた頃に服の生産をスタートしていては、店頭に並ぶ頃にはシーズンが終わってしまいますね。ショップモールに行けば一目瞭然、店頭に並ぶ服は各ブランド細かなディテールは違えど、目玉商品はほとんど変わりなく、同じようなカタチに同じような色が並んでいます。それは生産方面から考えても、あらかじめ売れるものがわかっていれば大量生産ができ、回収も早く、商品を円滑に市場に普及させれるからです。

 

ここでなにを言いたいかと申しますと、商品市場は人の思考によって考えられ、組織的志向コントロールによって決まっているのです。つまり、マーケティングとデザインは密接な関係であり、マーケティングができずとして売れるデザインは生まれないのです。

 

ブランディングとデザインの重要性。。。

そして、最後にブランディングとデザインの重要性についてお話しさせて頂きます。

まずブランディングとは、ターゲット(顧客)に向けて、御社の会社価値と商品価値を高め、購買意欲を上げることで商品が売れるようにすることをいいます。簡潔に申しますと、『ブランディング目的=商売を繁盛させる』ことで『ブランディング手段=かっこよくする』ことです。

多くの人(クライアントからデザイナー含め)は、ここがゴチャゴチャになり、「かっこよくすること」=「ブランディング」と勘違いしています。

 

ただかっこいいデザインを作っただけで認知が上がる訳でも、売れる訳でもありません。御社の方向性、ターゲットを良く理解し、ブランディングされたデザインを活用する事で初めて意味をなすのです。つまり、目的違いのかっこいいデザインは意味のないものであり、むしろ逆効果に働いているケースも多々あります。しっかりしたブランディングをすることでデザインが生まれ、そのデザインがブランディング力を高めるので、双方は切っても切れない関係なのです。

 

 

これからのデザイン。。。

全ての企業にいえることですが、専門業のスキルだけを磨けば食べていける時代は終わり、総合的に幅広く沢山のことができる会社が世の中に必要とされるようになってきました。デザイン業界も同じく、デザイナーは様々なジャンルの観点と、更なる技量を持ち合わせて総合的にデザインできることが求められています例えば、弊社が主としている仕事、'' ホームページデザイン'' をピックアップして申しますと、従来はクライアントさんがイメージするデザインができればOKであり、大手企業を手がけたなどの実績があれば、仕事が貰えていました。しかし、現代はクライアントさんが求めるお洒落でかっこいいデザインをカタチにするだけでなく、そのデザインの根拠が、マーケティングとブランディングから基づいたものでなければなりません。そうでなければ意味のないデザインとなり、ホームページの価値が生まれない時代になってしまったからです。またネット社会の今、SNS戦略や広告業全般を手がけていくアウトプット戦略や技術も『今後求められるデザインの在り方』になっていくでしょう。

 

 

写真と映像がカギ。。。

近年、SNSユーザーが倍増し、自分をアピールすることや会社を紹介することまで幅広い用途でソーシャルメディアが使われるようになりました。誰もが認知しているFacebook、instagram、Twitter。それらの投稿で用いられる写真や動画のクオリティーはその人の印象を大きく左右しています。SNSやホームページもそうですが、皆が思うかっこいいの特徴は、『メディア(写真や映像)が綺麗で、オシャレなデザイン、そしてシンプル』この3つが大きな共通点になります。

その中でも、メディア(写真や映像)が全体の印象の9割を占めており、いかに大事なポイントかがわかるかと思います。広告関係において写真と映像のクオリティーは、人物や会社イメージ、そして売上を大きく左右させる大事なカギなのです。

 

下の写真と映像は弊社がお撮りし、編集製作したものになります。参考に是非ご覧下さい。

 

★画像をタップで拡大表示

 



 

★HD再生で高画質再生

ホームページが必要不可欠な理由。。。

近年ホームページの役割は会社の発展&売上に大きく貢献するようになり、今最も重要視されています。それは、お客様が店に行く前に、ネットで情報を集めるようになり、『お客様とあなたの会社の第一セッションがホームページ』という入口になったからです。私達はこれを『オンライン入店』と呼び、お客様は店舗に来ないでもネット上で一度入店していることを指しています。また、そのホームページのデザインやフィーリングで御社のブランド価値を感じ、実店舗に『行く行かない。サービスや商品を買う買わない。』の大部分はその時点で既に決まっているのです。つまり、ホームページは御社のブランド価値、売上を大きく担っており、お客様から見る御社のイメージそのものなのです。その為、今後の会社の認知度と売上を更に伸ばしていくのに必要不可欠なツールとしてホームページデザインが、全ての業界から注目されています。

 

弊社は、ホームページ製作をメイン事業として行っており、また素材作りに必要とされる(写真撮影・映像制作・ロゴ、ロゴマークの製作・ライティング・構成・SEO対策など)デザイン全てを自社で行っています。そうすることで、イメージのズレが少なくスピードも速く円滑にクオリティーの高いデザイン製作を実現しております。また、広告代理店や素材製作の外注(カメラマン、コーダー、ライター)を挟まない為、高レベルなホームページを市場の価格より安価なお値段でご提供しています。

 

アフターも充実しており、ミーティングやブランディング、経営サポートまでご一緒に考えフォローさせて頂くのでご安心下さい。ただホームページを作って終わりではなく、市場に合わせた更新&お客様のご要望ニーズにお応えした管理を円滑に行い、御社の発展に携わる良きパートナーとしてサポートをさせて頂いております。

 

下のHPは弊社が製作した会社様のHPになります。是非ご覧下さい。


★画像をタップでホームページをご覧頂けます。

デザイン業務のご紹介。。。

弊社では、主にグラフィックデザイン(ホームページ製作・写真撮影・映像制作・ロゴ、ロゴマークの製作・名刺・フライヤー・メニュー表・DM・看板・アパレルなど)を中心に、新規会社立ち上げのお手伝いから、既存の会社のイメージリニューアルなどに携わらせて頂いております。

ブランディングデザインに必要とされる、マーケティングにコンサルティング、メデイア製作、デザインまで全てを自社で行っており、また出会いや繋がりを大事にミーティング等はデザイナーが直接お会いして、進行・共有・改善をしていく親身なスタンスで様々なデザイン製作を行っています。

 

ご依頼業種は様々で、個人様から企業様、アーティストの方など多ジャンルの方にご利用頂いております。御社が(あなたが)考えるブランディングやイメージを、カタチにするお手伝いをさせて頂きますので、広告デザイン全般なんでもお任せ下さい。

デザイナー紹介。。。

福田徳成  (Fukuda Tokunari)

株式会社スタートアップ代表(Startup Inc. CEO)

クリエイティブディレクター/クリエイティブデザイナー/フォト&ムービーカメラマン/ボディーデザイナー

★Facebook → Fukuda tokunari   ★instagram → tokunari_fukuda


ディレクター兼デザイナーの福田は、17歳の頃より家業のスタジオテイクにて写真と映像のカメラ技術を学び、プロカメラマンとして現場活動を始める。その後DJやオーガナイザー、グラフィティ、アパレルなど多才に活動の幅を広め、19歳の頃にバンコクへ仕事を訪れたのをきっかけに、グラフィックデザインの道へさらにのめり込む。帰国後関西に移住し、より高度なデザインを学びたいとデザイン大学へ通いながら、フリーデザイナーとしても活動を開始。また大手企業からヘッドハンティングを受け、前線でのスキルも磨きながら、アーティストやカメラマンとしても活動を行うなど、様々な分野での才能をさらに開花させていく。23歳の大学卒業時には、海外や関西でのオファーがある中、福田は地元静岡に戻ることを決め、新たなクリエイティブを追い求めて株式会社Startupを開業させる。そしてその年の一年間、仕事をしながらも各国に足を運び『デザインとは』の追求を行った。そこで『世界共通の必要なデザイン、自社でしかできないサービスや技術』を考え、現在の経営理念や事業内容が創造されていった。しかし、彼の行動能力とストイックさはグラフィックデザインにとどまることを知らず、自身で『デザインの枠を越えたデザイン』と題し、様々な企業とジョイントし更なるデザイン活動を行っている。現在は新たなプロジェクトも進行し彼の革新に大きな期待がかかる。見る者を魅了する彼の人柄に心打たれる者が多く、彼の周りには常に笑顔が溢れ沢山の人脈があるのも強みと言えるだろう。そして、『人の生活を豊かにする為に必要なデザインの追求は楽しい。』と日々忙しく活動する彼の信念と、アウトプット媒体を自由にデザインする枠にとらわれない仕事スタイルが福田というデザイナーの最大の特徴であり、株式会社Startup(RSPCT5°)の魅力である。


 

★画像をタップで拡大表示

追伸。。。

いくら良い考えを持っていて、いくら良い仕事をして、いくら良い物が出来ても、最終的なアウトプット(広告・提供の仕方)で全ての価値(会社自身の見え方・売上)が決まってしまいます。なぜなら人は、そこしか見ていないからです。広告関係のことであれば全てお任せ下さい。

弊社が責任を持ってお手伝いさせて頂きますので、まずはお気軽にご相談下さい。

 

★企業様

弊社は『デザインの枠を越えたデザイン』が、今後この世の中に必要不可欠になると確信し、多ジャンルの企業様とのセッションを大事にデザイン枠を飛び越えたコラボ活動を革新しています。面白い企画や、事業を考えている方などいらっしゃいましたら是非お声かけ下さい。 

 


お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です